ベイスターズに前向きな!!

ベイスターズについてのブログです! 毎試合ごとの感想やデータ遊びなんかを「前向きに」、そして「冷静に」やっていきます! コメント大歓迎です!!

横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ(9/7)試合結果:宮国投手移籍後初勝利!楠本選手のホームラン!!スターナイト初戦は快勝!!!

ベイスターズ 8-2 ジャイアンツ
勝ち投手:宮国  
負け投手:菅野  横浜スタジアム

みなさんこんにちは!
ただいま昨日の録画観戦が終了いたしました。
ところでブログを見やすくするためには、見出しを付けた方が良いということなのですが、野球の感想ブログではそのような構成は難しい気がする……。
良いところ、悪いところ、まとめ、みたいな構成だと、時系列(回を追って)で書けないので、困っているところです。
というかこのブログが見やすいのかどうかすらよくわからないというポンコツぶりです。
ご意見お待ちしております。

ではグッズを紹介します!!
IMG_20210715_142802
せっかくスターナイトということなので、関連のグッズを紹介したいところなのですが、すでにユニを紹介してしまっているという事実。
行き当たりばったりの当ブログです笑。
是非いくつか前の記事を見ていただけると嬉しいです(商売上手)。
今回の写真はですね、内野コンコースの売店で売っている、から揚げだったかポテトだったかの容器です。
ヘルメット型になっていて、中にから揚げだったかポテトだかが入っていました。
結構ちっちゃいですね。
あれですあれ、青星寮カレーとかが売っている売店です。
そういえば神宮球場でもヘルメット型容器のフードを買ったので、好きなのかもしれません。

それでは昨日の試合を振り返ります!!

先発は宮国投手です。
戦力外→育成契約→支配下登録後、初の一軍マウンドです!
いずれは古巣に投げることになるのは当然ですが、まさか初戦がそうなるとは思っていませんでした。
私古巣相手の活躍というのがとても好きなんです。
別にやり返すとかいうわけでなくても、恩返しだったり成長報告だったりいろんな気持ちがあると思います。
たいがいいい結果を残してくれるんですよね。

宮国投手もまさにその通りで、初勝利を手にしました!
初回、3本のヒットで2点先制され、これはどうなることかと(録画なので結果は知っているのですが)思っていましたが、なんとか5回まで粘りのピッチング。
ヒットは7本打たれ、楽なマウンドではありませんでした。
それでも結果をまとめられたのは、ストライク先行のピッチングスタイルのおかげです。
常にセットポジションのような内容でも、76球で5回を終えました。
四球も一つだけで、このスタイルなら次はもっと長く投げられそうだと思いました。
加えて、初回の失点のあとの修正力も光りましたね!

相手が菅野投手なので難しい攻撃になるかと思いましたが、怪我の影響か、とても本来のピッチングではありませんでした。
コントロールが定まらず、それでも経験を糧にしのいでいましたが、5回に崩れました。
というか、ベイスターズの打者陣が流れをつかみました。
佐野選手からソト選手まで、四死球挟む3連打で逆点します。
4-2となって一死2,3塁、山本選手の打席。
ここがターニングポイントになったかなと思います。
前の打席で粘っての四球を選んでいた山本選手、とはいえただ打たせるというのも無謀に思えました。
三浦監督のチョイスはスクイズでした。
投手正面に飛んだ最高ではないバントでしたが、サードランナー・牧選手の好走塁もあって成功します!!
そして宮国投手への代打には、最近好調の楠本選手。
大江投手に代わって初球のスライダーでした。
ライトスタンドへ高弾道のアーチ。
これは言うことありません。素晴らしいの一言です。

山本選手は、死球はともかく四球もスクイズも、打線の中でとても良い働きでした。
打撃は懸案の選手ですが、ヒット以外にも貢献できることはありますから、こういう内容も求められているところです。
また楠本選手もスタメンがほしいなあと思います!
桑原選手は5-0だったので、1試合くらいお願いしますよ!!
相手は山口投手ですしね、左右を鑑みてもチャンスではないでしょうか。

あと打線の課題は2番バッターでしたが、柴田選手が入って5-2と、めどが立った気がします。
本来の調子を取り戻してくれれば、最も適性のある選手ですからね!

試合の方は、シャッケルフォード、櫻井、伊勢投手で難なく締めました。
スターナイト初戦、素晴らしいゲームでした!!

ところで今週は5試合ですが、濱口投手と宮国投手が入れ替わり、しかしさらに一人先発を外れることになるはずですが、誰になるのでしょう。
順当に考えれば坂本投手ですが、抹消されていないのでリリーフにまわるのでしょうか。
そこらへんも楽しみになってきますね!

では今日はここで終わりとします。
今日も録画観戦ですので、次の更新は明日……と言いたいところですが、都合により明後日とさせていただきます。
ではまた!!

今日の守備交代打球率は0/3で、合計57/161です。

ベイスターズ対中日ドラゴンズ(9/5)試合結果:木下雄介投手追悼試合

みなさんこんにちは。
昨日の試合を録画観戦しました。
先月亡くなられた木下雄介投手の追悼試合で、ドラゴンズの選手は喪章と背番号98を着用、ベイスターズの選手はキャップに98と書いて(山﨑選手の発案)臨んだ試合でした。
開始前にセレモニーがあって、奥様やお子さんがいらっしゃったのですが、私泣いてしまいました。
木下投手は、正直言ってあまりなじみのある選手ではなく、セレモニーの映像でプロ初登板がベイスターズ戦だったと知ったくらいです。
ですから泣いたりするとは思っていませんでした。
現役のプロ野球選手が亡くなるというのが私にとって初めての出来事で、ものすごくショックなんだと気づきました。
ご冥福をお祈りいたします。

この試合については、読者の方には申し訳ありませんが、いつも通り分析する気にはなれません。
ベイスターズは敗れましたが、今永投手の好投など、追悼試合にふさわしい素晴らしいゲームだったと思います。

今日はこれで終わりにします。
短くてごめんなさい。

ベイスターズ対中日ドラゴンズ(9/4)試合結果:ロメロ投手来日初勝利!佐野選手の豪快アーチ!!

ベイスターズ 3-1 ドラゴンズ
勝ち投手:ロメロ  
負け投手:田島  ナゴヤドーム

みなさんこんにちは!
昨日の試合が録画で見終わりました。
野球界のニュースといたしましては、栗山選手の2000本安打達成、おめでとうございます。
田中将大投手の200勝達成が楽しみです。
あと20勝弱だったと思いますが、来年が二年契約最終年、日本にいるうちに達成できるでしょうか。

ではグッズを紹介いたします!

IMG_20210715_142654
こちらはマウスパッドです。
スポンサー・ノジマとのコラボグッズで、流石に家電量販店のノジマだけあってとても使い心地よし。
このブログもパソコンで書いているので、お世話になっております。
いずれはマウスもベイスターズグッズにしたいと思ってます。
外では使ってませんよ!家のパソコンだけです笑。
家の近くの家電量販店と言えばコジマだったのですが、最近ノジマが近くにできたので、転向しようかな笑。
ノジマの回し者みたいな文ですが、一円の収入にもなってません……。

さあ試合の感想に移ります!

やはりナゴヤドームの中日戦、柳投手との対戦ということで、投手戦になりました。
しかも初回にミスで1点先制されるという、既視感のある展開。
しかしロメロ投手、これまた既視感のある展開で、その失点以外はしっかり抑えてくれました。
あとはやはり、どうやって点を取るか、というのがずっとのしかかるゲームでした。

その打線、まずオーダーは、倉本選手を先発起用するという工夫がありました。
倉本選手は昇格後あまりアピールできていませんでしたので、彼を使ってみようというよりも、課題の二番にとにかくおいてみよう!という起用だと思います。
こういう工夫はとても良いものだと思います。
今日結果こそ出ませんでしたが、何もしないよりは失敗パターンを蓄積する方が大事です。

ちなみに現在チーム事情では、佐野選手を二番に置くのが私の案です。
出塁率を活かし、また併殺少なく、ランナー有りでクリーンナップに回せる確率が上がります。
足は使えませんが、それは元からです。
幸い三番には牧選手など、困ることはないでしょう。
有能軍師の私を採用してくれ!!

初回から窮屈な攻撃が続きます。

一回:二死から佐野選手が四球を選ぶ、しかし無得点
二回:先頭宮崎選手と二死から山本選手がヒット、しかし投手に回ってしまい無得点
三回:先頭桑原選手がヒット、しかし進塁もままならず無得点
四回:三者凡退
五回:三者凡退

こういった展開で、おとといを思い出してしまいました。
しかし!
この5回までに99球を投げさせ、決してすいすいテンポよくは行かせなかったのが、六回に実を結びました。
二死までは取られてしまいますが、2三振だったオースティン選手の四球から、宮崎選手の左中間を破るタイムリーツーベースであっという間に同点に追いつきます!!
このあと満塁にまでなりましたが、そこは柳投手が踏ん張りました。

六回裏、ロメロ投手がピンチを迎えますが、ソト選手のファインプレーでしのぎます。
これがとても良い流れになりました。
七回も二死から、代打の楠本選手がきれいなレフト前。
そして佐野選手、広いナゴドの右中間へアーチをかけ、3-1!!

楠本選手の出塁が素晴らしいです。
.298という好成績を残しているのでスタメンで見たいのですが、いかんせん外野のポジションがありません。
現状は代打一番手、控え外野手一番手、というところに収まるほかないのですが、将来的には絶対すごい選手になりますからね!
証拠にこの記事、保存しておいてください。

そうして逆転しまして、七回からは勝ちパターンです。
不安のある方程式ですが、三人ともきっちり抑えて、ゲームセット!

どうなることかと思いましたが、なかなか面白い試合でした。
これでロメロ投手は来日初勝利!
ここ数試合はどれも勝ちがついてもよい投球でしたが、遅ればせながらの初勝利です!!
まだ若いですから、5年くらいバリバリやってほしいですね!
なんなら日本人登録になるくらいまで。

ではこれでおわりにします!
また録画観戦なので、明日の更新になります!

今日の守備交代打球率は4/7で、合計57/158です。

ベイスターズ対中日ドラゴンズ(9/3)試合結果:スミ1敗戦…京山投手の好投も援護なし

ベイスターズ 0-1 ドラゴンズ
勝ち投手:大野  
負け投手:京山  ナゴヤドーム

みなさんこんにちは!
録画し忘れていてあちゃーと思ったのですが、そこはJSPORTSでして、再放送があり助かりました。
それにしても、行き当たりばったりで書いているブログなので、ベイスターズとドラゴンズの色分けができない! という問題に直面。
ソフトバンクと阪神もできなかったのですが、あみかけの色分けで解決。
ということでこちらも、苦肉の策ながら網掛けで対処いたしました。
来年の交流戦、ライオンズは水色でしょうか。

まずはグッズ紹介をいたします!
IMG_20210715_142600
こちらファンフェス2015で入場者プレゼントだった、リストバンドです。
これも三浦監督のリストバンド同様細すぎて手首につけられないので(流石に身に着けて外に出るのは恥ずかしいし……)、ベッド脇に置いて飾っております。
ファンフェスと言えば、コロナ前までは毎年必ず行っていたのですが、最近はさみしいオフになっております。
ハマスタの改修が終わって横須賀から戻ってくるはずだったんですけど……来年を楽しみにしておきたいですね。

では試合に入りましょうか!!

大野投手との対戦ということで、接戦になるとは予想されましたが、予想以上でした。
勝つためには京山投手が最少失点に抑えて……という目算も、甘かったようです。
最少失点どころか無失点を要求される、厳しい投げ合いになってしまいました。
それでも京山投手は、前回前々回に引き続き、素晴らしいピッチングでした。
序盤はランナーを出しながらも、エラーの失点以外は要所を抑え、6回1失点。
こうなると、エラーが痛かった……。
もちろん仕方のないことですから、責めることはできません。

京山投手にフォーカスしましょうか!
150キロ弱のストレート、140キロのカットボール、更にスライダー、カーブ、ツーシームなど、多彩な変化球で相手打線を封じました。
四死球が3つあったのはこれからの課題ですね。
92球で尻上がりによくなってましたから、打順さえ巡らなければもう1イニングというところでしたが、仕方ありません。
それにしても、素晴らしいピッチングでした、もう完全覚醒と言ってもよいのではないでしょうか。

あのですね、私、京山投手が入団した時から期待してまして、2016年のルーキーモデルのスマホカバーが発売されたとき、迷いなく京山投手のを買ったんです。
写真を上げようと思ってすでに現役を引退したそれを探したのですが、見つかりませんでした……。
グッズは些細なものでも捨てないので、絶対どこかにあると思うのですが。
それはともかく、京山投手に目をかけていた私の彗眼!信じられないでしょ?今すぐお電話を!!
0120~00の~
じゃなくて。
とにかく期待していた選手が活躍してくれてうれしいんですよ~。
やっぱり高卒指名ってロマンがありますね。
そろそろドラ1でも指名してほしいなあ。

後を継いだ投手陣も、無失点リレーでした。
伊勢投手はランナーを出して降板しますが、エスコバー投手がしっかり抑えてくれました。
ここは多分、砂田投手の役割なのですが、最近の疲労具合を考えてのケアですね。
こうやって役割分担をして、疲労を分散するのはよい巡りです。
最後の山﨑康投手も抑えました。
ただ、1点ビハインドの状況でも勝ちパターンを使わなくてはいけないというのは、いい傾向ではないかなと思います。
本来、伊勢投手が1回を抑えてくれれば、もっと勝ちパターンの負担が減らせるはずです。
出来れば山﨑投手のところも、平田選手とかシャッケルフォード投手で賄いたいところ。
これができるチームは強いチームだと思います。

投手陣は頑張ってくれたのですが、相手の大野、又吉、R.マルティネス投手のリレーに打線が沈黙。
チャンスは、二回の一死2,3塁と、三回の一死1,2塁、そして京山投手に代打を出した七回の二死1,3塁という、三度でした。
どれもあと一本が出ず、援護ができませんでした。
ですが七回のチャンスは、神里、楠本選手の代打攻勢で作ったチャンスで、これは桑原選手もうかうかしてられないぞというアピールになったと思います。

ということで、57戦ぶりだという零封敗戦に終わってしまいました。
今日も柳投手ということで、大量得点は望めません。
投手陣には苦しい展開が予想されますが、2連勝すれば単独4位です!!
がんばりましょう!!

ではこれで終わります。
今日も録画観戦ですので、記事更新は明日になります。
コメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は2/5で、合計53/151です。


ベイスターズ対広島カープ(9/2)試合結果:四球が失点に…山本選手のホームランが希望!!

ベイスターズ 3-11 カープ
勝ち投手:九里  
負け投手:坂本  横浜スタジアム

みなさんこんにちは!
ただいま昨日の試合を見終わりましたので、記事にしていきます!
ところで、現在ブログの試行錯誤(迷走)中です。
記事のタイトルだったり、ブログのスタイルなど、色々戸惑わせてしまうこともあると思いますが、最終的には最高の形にしますので、期待していてください。

ではまずはグッズ博物館のコーナーですね!
IMG_20210715_142437
私がベイスターズを見始めた、2014年シーズンの裏側をまとめたドキュメンタリー、「ダグアウトの向こう」です。
現在は「FOR REAL」というのがこれにあたるでしょうか。
中畑監督の語りから始まって、選手の密着取材とか、ミーティングの様子など、とにかくここでしか見られない映像盛りだくさんなのです。
荒波選手の取材が一番好きでした。
三上投手ファンなので、彼の時間がないのが少し残念でしたが笑。
すごく面白くて、何度も見返しました。
今これだけベイスターズが好きなのも、これのおかげと言っても過言ではないかもしれません。
書いていてまた見たくなってきたなあ。

では昨日の試合を振り返ってみましょうか!!

あらすじを書きますと、投手陣が崩壊して敗北。
という形でありまして、流れを追っていくと散漫になってしまいそうですので、気になった点にフォーカスする形式にします。

投手陣につきましては、ソロホームラン二本を除いてすべて四球の絡む失点でした。
チームで8四球ですので、これではとても……という感じです。
とはいえあまり言い訳にするのはよくないですが、雨とグラウンドコンディションの悪化でなかなかきつかったと思います。
今日は誰が投げていても難しかったかと。

フォーカスポイントは砂田投手と風張投手。
砂田投手は15試合連続無失点で途切れてしまいました。
三連投ですし、昨日の登板も明らかに球が浮いていましたので、流石に投げさせすぎかなあと思います。
言ってしまえば、おととい大貫投手をもう1イニング行かせなかったことが裏目にでてしまったわけですが、それは結果論ですよね。
いずれにせよ最近は、便利に使いすぎていたと思いますので、他の投手の奮起を期待したいところ!
風張投手は今シーズン初登板で、ソロホームランと守備の連係ミスなどあまりいいところはありませんでした。
球も高く、アピールはできなかったです。
しかし、砂田投手の酷使を含め、ブルペン陣は頑張ってもらわなければなりませんので、風張投手にも早く力を発揮してほしいところです!

それにしても田中健二郎投手って上がってこないのでしょうか?

打線についてです。
3得点は全てホームランで、チャンスは作るものの決め手に欠けました。

二番に入った森選手ですが、今日は無死ランナーありが三度あって、どれもバント失敗を含む凡退に終わってしまいました。
合計でも5-0と、純粋に戦力として考えるなら、ブレーキになってしまいました。
しかしですね!!
この凡退は無意味じゃないんです!
これを糧に頑張ってくれればいいんです!!
だってまだ高卒二年目ですよ。
三振くらい4つも5つもしてください。

ただそれはそれとして、二番向きの選手ではないかなと。
バントも苦手ですし、何より制約の多い二番ではのびのびプレーできません。
いずれは一番に定着してほしいですが、今は七番等に置くのがいいのではないでしょうか。
もしくは三浦監督は嫌いなようですが、9番という選択肢もありだと思います。
ただ代わりの2番問題が発生して悩ましいところ。
伊藤選手のいるときは良いのですが、それ以外はショートの選手に二番を打ってもらうしかなさそうです。
幸い大和選手や柴田選手は二番向きだと思います。

キャッチャーの話ですが、現状山本選手と伊藤選手の使い分けの基準があまりわかりません。
ちょっとステータスを見てみますと……

伊藤選手:守備・打撃ともに定評あり。ただ肩は最近めっきり、打撃も不調。
山本選手:守備は無難、肩はピカイチ。打撃はからっきし。

という評価になるでしょう。
ホームランを打ってくれて、それはとても素晴らしいことなのですが、いつも期待できることではありません。
私がこの前挙げた、伊藤選手が勝てなくて山本選手が勝っているという勝敗の差も、徐々に埋まっていく気配があります。
ですからなおさら難しいところです。
それにしてもこの試合の強肩で刺したところを見ると、とても魅力に感じます。
若さもあるし、たくさん使ってくれればなあ、というひいき目。
ただ私は、勝った試合のスタメンはいじらないべきという考えがあるので、この試合については伊藤選手のままでよかったかなと思っていますが、正解はないですよね。

昨日はこのように大敗でした。
今日は大野雄大投手との対戦で、難しいところだと思いますが、京山投手が前回のようなピッチングを見せてくれれば、チャンスはあります!!
後半戦初の中日戦、勝っていきましょう!!

今回はこれで終わりにします。
今日も録画観戦ですので、明日の更新になります。
コメントお願いします!!!

今日の守備交代打球率は1/5で、合計51/146です。
こちらTwitterのアカウントでは、試合前の予想や記事紹介をやっております!
記事検索
お問い合わせ・ご意見

名前
メール
本文
RSS購読
ベイスターズニュース
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表