ベイスターズ 4-0 スワローズ
勝ち投手:京山
負け投手:奥川  東京ドーム

みなさんこんばんは!
今日の試合は引き分けで終わったところですが、まずは昨日の試合の分の記事を。
それにしても、やはり録画観戦の方が勝率が高い気がするのですが。
嫌われているんでしょうかね?
明日は生で見られるので、そこで負けたらこの疑惑は限りなくクロに近くなります。

ではダブルヘッダーの更新ということで、グッズ博物館は飛ばして手短に試合をまとめてみます。

この試合はなんと言っても京山投手でしょう。
前回の登板では5回1失点で勝ち投手になったわけですが、それを上回る好投でした。
好投どころか、好投中の好投でした。
速球と空振りの取れるスライダー、そして芯を外すカットボールの組み合わせが絶妙で、二週連続のコンビとなった山本選手との相性もあるでしょうか。
球自体は良いのにコントロールが……というのが欠点で、今までの失敗パターンはまさに四球由来だったわけですが、七回まで無四球のピッチングでした。
三振も七つ奪って、エースというような活躍ぶり。
次はナゴヤで大野雄大投手との投げ合いになると思われますが、このイメージのまま投げ勝ってほしいですね!!

相手の奥川投手も、前回対戦の新潟に続いてよいピッチングで、試合は六回まで両軍二安打ずつの投手戦でした。
その均衡が破れたのは七回、宮崎選手のホームランでした。
この一打で三割に復帰し、流石の実力者ぶりを見せてくれました。
これだけでも大きな一打だったのですが、続いてソト選手、牧選手と連続ホームラン。
佐野選手とオースティン選手も含め、やはりインパクトのある打線ですね。

八回にも内野ゴロの間に1点を追加し、山﨑康投手、三嶋投手とつないでカードの初戦を勝利で飾りました。
危うく京山投手見殺しかと思いましたが、投手が我慢していれば打線が点を取ってくれるという一つのいい形のゲームになりましたね。

ではこの試合の記事はこれで終わります。
今日のうちにもう一つ更新します。
コメントください!!

この試合の守備交代打球率は2/5で、合計43/126です。
スポンサードリンク