ベイスターズ 2-2 スワローズ 
勝ち投手:なし
負け投手:なし  東京ドーム

みなさんこんばんは、今日二回目の記事更新です。
こちらが今日の分の試合でございます。
見てくれている方がだんだん増えてきて、とてもうれしくモチベーションになっております。
オフシーズンはどうしようかな~とか考え中です。
あとなにか、決め台詞と言うか、このブログと言えばこの言葉!みたいなものが欲しいなあ、なんて。
子供心を失っていないのです。

ではさっそく、グッズ博物館から。

IMG_20210715_142415
三浦監督が引退した時の、記念グッズの一つです。
こういうカード系は、昔はプロ野球チップスのカードを集めていたりしたのですが、最近はめっきりです。
チップス部分が嵩むというか、最近そもそもおかしを食べてないし、課金ゲーじゃね?とか思うようになってしまいました。
子供心はどこに行った。
それでもこのカード集は、確か球場外周の屋台みたいなところで買いました。
引退試合の時は、記念グッズ売りの売店がたくさん並んでいたと思います。
赤と黒のテープも買って、試合後のセレモニーで投げ入れたのを覚えています。
あれがもう5年前ですか~さみしいですね。

では今日の試合に入っていきましょう!!

昨日に続いて投手戦となりました。
我らがベイスターズ先発のロメロ投手は、初回に村上選手のツーランを浴び、この時点では投手戦という予感ではありませんでした。
むしろ私は悲観的なのか、ここ最近の好投はまぐれだったのかなあ、なんて思ってしまうくらい。
というのも、ただ一発浴びただけならさして問題ではないですが、塩見選手にクリーンヒット、山田選手に長打を浴び、併殺のおかげでビッグイニングにならずに済んだ、という印象だったからです。
それにしても、村上選手のホームランの弾道、すごいですね。
逆方向にあの低弾道で持っていくとは、キング争いを演じているだけあります。

しかしロメロ投手、その二点だけで6回まで投げ切りました。
再三ピンチを作るものの、持ち味を活かした打たせて取るピッチングができていました。
昨日の京山投手とは対照的に三振は少なく7本の安打を許しながら、素晴らしい粘りでしたね!!

援護したい打線は今日も振るわず、というかサイスニード投手が速球中心のいかにもベイスターズ打線が苦手そうなピッチングを見せつけたという感じ。
それでも昨日同様、宮崎選手、そして佐野選手の久しぶりの一発で試合を振り出しに戻します。
ここから中継ぎ勝負で、試合はわからないぞ、という意気込みだったのですが、サイスニード投手の後を継いだ今野投手、そして何と言っても清水投手の圧巻の投球で、追い越しムードは消沈。
ベイスターズも連投となる勝ちパターン二人がピンチは作るものの抑えきって、両者譲らずの引き分けで終わりました。

どちらかと言えば、10安打を打ちながら3点目の遠かったヤクルトの方にダメージが大きい引き分けと思います。
とはいえ、こちらも打線のさみしさは懸案です。
桑原選手が下降気味なのと、二番の不在がもろに響いています。
桑原選手には頑張ってもらうしかないですが、二番はどうしましょうか。
森選手はやはりまだ実力不足感がありますし、二番向きの柴田選手も調子が上がりません。
二番に捕手を置いていたのは、最近はやっていないですが、またそれもありだと思います。
山本選手はきついので、伊藤選手の時ですかね。
もしくは、倉本選手のスタメンも回って来そうです。
と言うかですね、一緒に上がってきた神里、蛯名選手はスタメンを一度ずつもらえたのに、倉本選手はまだもらえていない!!
倉本選手のファンとしては、ぜひ一度くらいは試してほしいところ。
明日の相手予告先発は原樹里投手、たしか相性が良かったような気が……。

エゴはこのくらいにして、今日はこれで終わります。
今永投手で勝ち越しを!!
コメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は1/3で、合計44/129です。
スポンサードリンク