ベイスターズ 7-6 カープ 
勝ち投手:エスコバー
負け投手:島内    横浜スタジアム

みなさんおはようございます!
昨日の試合、生で見たのですが、更新する時間がありませんで今日になってしまいました。
私は今、猛烈にお腹が痛いです。
気温が急激に下がったからでしょうか。
まあもともと腹痛もちで、こんな痛みは日常茶飯事なのですけどね。(強者感)

ではまずはグッズを紹介いたします!IMG_20210715_142553
引き続き、三浦監督のグッズです。
これはリストバンドでしょうかね?
しかしこれ、すごく細くて、私の手首にはとても入らないのです。
ということでただベッドのわきに置いてあるだけなのですが、なんで買ったのか疑問に思われます。
一説には、ガチャガチャの景品ではないかといううわさもあります。

では昨日の試合を振り返っていきます!!

結果を見れば、5点差の逆転勝ちでした!
もちろん素晴らしい試合で、楽しさ爆発なのですが、喜ぶだけではいられません。
先発の濱口投手は、3回途中4失点の結果でした。
濱口投手にとってそれ自体は特別珍しいことでもなく、四球も3つ出しましたが、これも多くはありません。
また、降板した時点ではまだ2失点と、試合を壊すには至っていませんでした。
それでも降板という采配になったのは、やはり信用を失ったというところでしょう。
前回の登板は5回途中6失点でありまして、立て続けにこのピッチングではやむをえないことかと思います。
とはいってもすぐに二軍落ちとかいう話ではないと思いますので、来週はしっかりと調整して結果を残してほしいです!

後を継いだ進藤投手も制球定まらず、またそのあとの櫻井投手もピリッとしませんでした。
計6失点、都合5点差となって、相手は森下投手ですから、もはやゲームセットを待つばかりかと思われましたが……。
いや、私は追いつけると思ってましたからね!! 本当ですよ!!
というのも、こういう流れの悪さは、えてして相手にも連鎖してしまうことがあるからです。
エラーで失点を招いた牧選手の、汚名返上ツーランで2点を返すと、さらにエラーなどで無死一、二塁のチャンス!
バッターは桑原選手、最近調子が悪いし、流れを手放さないということを考えると、送ってもいいのかなと思いましたが、ここは強行。
結果的には裏目で併殺でしたが、もしヒットになっていればこの回の同点もありうるくらいだと思いますので、悪い判断ではないと思います。

3点差となったところで、何よりよかったのが櫻井投手の2イニング目。
ここで三者凡退に抑え、併殺で手放しかけた流れを取り戻します。
そして佐野選手のソロアーチで2点差とし、さらに無死一、二塁のチャンス!
今度はソト選手なので送りの選択肢はなく、残念ながらここも併殺に倒れてしまいました。

これで流石に運の尽き、次の回も三者凡退で完全に終わったかなと思いました。
しかし! ここからが違うんです!
七回でした。
オースティン選手のツーベースでチャンスを作ると、宮崎選手も続いてついに1点差!
オースティン選手、ここでちょっと足にアクシデント?不安です。
それはともかくとして、逆転を演出したのはソト選手のホームランでした。
いやー、すごい試合でしたねえ。

と、なんだか勝った勝ったという気分になっていましたが、最終回にも山場が。
三嶋投手が一死満塁のピンチを作ります。
同点はやむなしかなあと思いましたが、最後はショートゴロで併殺打!
散々チャンスを併殺で逃してきましたが、最後に助けられました。

もちろん逆転した打撃陣が素晴らしいのですが、櫻井投手の2イニング目以降、砂田投手、エスコバー投手、山﨑康投手と、無失点でつないだのが勝因でしょう。
追い上げムードに水を差してしまう失点というのがありませんでした。

これで最下位脱出!
上位3チームは目まぐるしく入れ替わりそうですが、下位3チームも毎日順位が変わります。
順位はともかくとしても、一つでも勝ちを積み上げたいですね。

ではこれで終わりです。
コメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は2/2で、合計48/134です。
スポンサードリンク