ベイスターズ 2-4 ドラゴンズ
勝ち投手:又吉  
負け投手:伊勢  横浜スタジアム

みなさんこんにちは!
昨日の録画観戦が終わりましたので記事にします。
申し訳ないですが短めになってしまいます、忙しいので許してください……。

試合全体を振り返ってみると、打線は前日と打って変わってさみしく、2点のみでした。
それでも京山投手が7回無失点のピッチングで、試合としてはベイスターズに傾いた接戦という感じでした。
ただ今シーズンの課題である中継ぎ陣がやっぱり不調で、エスコバー投手はソロ被弾、抑えは私の伊勢投手でしたが逆転負けとなってしまいました。
パターン的にはことしを象徴するような負け方で、勝ち負け関係ない時期とはいってもやっぱり残念です。

まあまずはグッズ紹介から行きましょう!
IMG_20210911_113755
こちら昨日紹介したカードフォルダーの中身の一例です。
三浦選手の引退記念で発売された、往年の活躍シーンをまとめたカード集みたいなやつですね、説明が下手で申し訳ないですが笑。
こう見るとピッチングフォームが全然変わっていないのがわかります。
こんな感じで中身はぎっしり埋まっております!
全部紹介するのは長々なってしまいますのでカットしますが、明日も中身シリーズです。

では選手たちのアピールぶりを見ていきます!

まずは京山投手が最高のピッチングでした!
良いピッチングをするときは必ず、ストライク先行で投げられています。
四球も1つでしたから、7回まで101球と球数も多くありません。
これからの京山投手の課題は明らかに、調子の悪い時のまとめ方、となりますね。
登板を積み重ね、投球術というところも磨いていってほしいです!
来年はローテの柱を期待しています!!

中継ぎ陣はなかなか厳しくて、まずエスコバー投手はA.マルティネス選手に被弾しました。
ただこれは、たまたま失投が行ってしまったという話で、もちろん反省は必要な球ですが、調子が悪いとかいうことではないと思います。
多く投げていれば失投が増える=被弾が増えるので、一定の確率で出るものだから仕方ないと割り切っていいのではないでしょうか。

1点差の最終回は、伊勢投手が任されました。
前回が同じ1点差巨人戦での抑え失敗でしたし、三嶋投手の状態も上がっている中でよく使ってもらえたなと思いました。
この起用自体は私は大歓迎です。
私は伊勢投手の抑え適性を信じてますし、打たれても有益な経験になると思っています。
来季に向けて色々なパターンを試す、若手に経験させる、リベンジの機会を与える、という意図は、半ば消化試合となってしまった今、当然だと思います。
結果打たれてしまったのは残念ですが、伊勢投手がここから何かを学んでくれて、来季飛躍してくれればこの負けも意味を持ちます。
ただ問題があるとすれば、前回登板から楽な場面でも登板がなく、嫌なイメージのまま投げさせてしまったことくらいでしょうか。

打たれた要因としては、空振りが取れなかったことです。
伊勢投手の持ち味であるストレートで振り遅れさせるということができず、もとより制球に自信のある投手ではないので、少し甘く入ったところ痛打されました。
球が全体的に高めだったとか、球速が出ていないとかいうことではなかったので、少しの誤差なのかなと思いました。
こうなると次チャンスがあるかわかりませんが、いずれにせよ自身のキャリアを変えられるチャンスを二度逃してしまったことになります。
伊勢投手としては残念ですが、これを糧に頑張るしかないですね。

打線全体6安打2得点とさみしかったです。
アピールできたのは楠本選手くらいでしょうか。
アピールというか前日前々日の汚名返上といった感じですね。
1打点目は内野ゴロの野選でしたが、2打点目は完璧にとらえたライト前クリーンヒットでした。
スタメン落ちの危機を回避し、アピールチャンスをつなぎました。

といった感じの試合でした!
ドラフトを最下位で迎え、指名順13番目を得ることになりましたが、私はそれを計算に入れるのは嫌です。
ドラフトの指名順上がるし最下位でいいや、的なのは姿勢としてよくないと思います。
あくまでも一つでも上の順位を目指し、かつ来季に向けての準備をするという、ある意味で難しいことをこなす時期です。
ただ結果としてそうなったのは活かさなければいけません。
幸い今シーズンは最下位が決まったわけでもありませんので、頑張っていきたいです!
今日は今永投手なので、楽しみです!!
ではこれで終わりとします!
コメントください!

今日の守備交代打球率は1/6で、合計98/280です。
スポンサードリンク