ベイスターズ 0-3 カープ
勝ち投手:九里  
負け投手:  マツダスタジアム

みなさんこんばんは!
今日も記事を更新していきます!
先ほど書いたドラフトの感想記事が好評で、とてもうれしいです。
モチベーションが上がってます!!

まずはグッズ紹介をいたしますね!
初めて見ていただいた方のために説明すると、私が持ってるベイスターズグッズを写真と共に紹介していくというだけのコーナーです笑。
IMG_20210911_113813
グッズと言っておきながら、空き袋というのは肩透かしでしょうか笑。
これは私がベイスターズファンになって3年目、ラミレス監督1年目、つまりDeNA球団5年目の物ですね。
星があしらわれた数字の5。
今年10年目ですから、時の流れを感じます。
これを見て思ったのですが、最近「I☆YOKOHAMA」の意匠?フレーズ?が使われる頻度が下がっている気がします。
ステッカーも配ってないですし、こういう袋にも書いてないですよね。
それだけDeNAが横浜に定着したということでしょうか。

では試合を見ていきます!

個々人のアピールに焦点を当てる前に、試合全体の寸評を書いておきます。
先発東投手が7回1失点の好投を見せるも、打線はたった2安打に抑えられ敗戦です。
カープの3得点は全て鈴木選手で、一人にやられてしまったなという印象です。
首位打者争いという意味でも抑えたかったですが、これでカープは6連勝と絶好調でその流れを止められませんでした。

打線は不調も不調で、2安打では勝ちようがないとしか言えない感じです。
初回の三振ゲッツーで九里投手を乗せてしまったでしょうか。
勝ち負けより問題なのは、メンバーだと思います。
楠本選手以外はフルメンバーで臨んだにもかかわらず2安打では来年が心配です……。
森、知野、山本選手をスタメンにして同じ結果ならまだ仕方ないと思えるのですが、何とかしないといけませんよね。
ただそもそもヒットが出ないので、打順の組み換えとかいう話ではないですし、そもそも佐野選手2番に組み替えて成功した矢先のオースティン選手の離脱でした。
完全に若手にシフトしてもいいんじゃないかと思います。
個人的には、

中 桑原
右 楠本
左 佐野
二 牧
三 宮崎
一 知野
遊 森
捕 山本

みたいなオーダーが見たいですが、そこまで割り切るのは難しいですよね……。
いずれにせよ、もっと面白い野球が見たい!!というのが本音です笑。

あとちょっと問題なのは代打層のすっからかんぶりです。
楠本選手がスタメンだと、代打一番手が.194の神里選手というありさまではさみしいです。
層の厚さというのは一朝一夕でなるものではありませんが、来年以降改善されるといいなと思います。

では選手のアピールを見ていきましょうか!!
……とはいっても、今日に関しては東投手しか名前が挙がりません。
その東投手は、怪我のことなど忘れてしまうような快投を見せてくれました!
伸びのあるきれいなストレート、ブレーキの利いたチェンジアップ、緩いスライダーというコンビネーションがさえわたりました。
来季はまた二けたが目指せますよこれ!!というテンションになるピッチングで、なんというかとてもワクワクしました!笑。

あとは桑原選手が3-1で打率を上げたくらいでした、本当にさみしい試合で残念です。

明日は大貫投手ですので期待してますが、カープの勢いが止められそうもない……。
どうなるでしょうか。
ではこれで終わりにします。
コメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は2/5で、合計100/290です。

スポンサードリンク