ベイスターズ 1-5 イーグルス
勝ち投手:酒居  
負け投手:石田  楽天生命パーク

この記事から日付だけでなくサブタイトルもつけることにいたしました。もっと見てくれる人を増やしたいからです。正直ですね~私。

そんな私は今頃になって一昨日の試合を見終わりました。今日の試合の二時間前! ギリギリ間に合いました。今日は生で観れますので、楽しみです。今週は三試合生中継が見られます。最高。

私の忙しい近況なんていうのはおいておきまして、早速試合に入りましょう。

この試合の先発は今永投手。前回が散々だっただけに、期待していました。
結果は6回1失点。これだけなら良い数字ですが、7被安打に4四死球。正直よく一点で抑えたなという内容です。相手の拙攻に助けられたところが大きいです。
球速も前回と変わらず145キロがやっと。これは以前のような輝きを取り戻すのは難しいと思いました。
ですが、意識の高い今永投手なら、どんどんと改善していってくれるでしょう。期待して待っています!
しかし、ソックスをズボンの上に出すいわゆるオールドスタイルは、似合っていないような気がします。三上投手もですが、慣れの問題でしょうか。
というか、似合ってる選手が中日の谷元投手と広島の中崎投手くらいしか思い浮かびません。これはたぶん私のセンスの問題だ。

なんとか今永投手が繋いだ同点の状況で、七回に投入したのはなんと石田投手。びっくりです。いつの間にそんな信頼を勝ち取ったのかと。
登板過多気味のエスコバー投手を休める意図はわかります。そして砂田投手がベンチに入っていません。ですから石田投手という選択肢も浮かぶのはわかりますが、流石に平田選手か前に良いロングリリーフを見せた国吉投手でしょう。
流石に石田投手にこだわりすぎではないかと思います。シーズン序盤はまだ理解できます。中盤終盤の為に復調してもらいたいですからね。しかしいい加減我慢の限界です。石田投手が悪いというより、使った監督が悪いというレベルです。これでは石田投手もかわいそうです。あまり三浦監督に文句を言いたくはありませんが、ちょっと信じられません。前回のロングリリーフ成功でいけると思ってしまったのでしょうか。防御率くらい見てください。

次のシャッケルフォード投手は、ロメロ投手の代わりに上がってきただけですから、そこまで期待はしていませんでした。次のロメロ投手の登板まで敗戦処理役ですかね。しかし、そのロメロ投手の登板というのもいつになることやら。今年の外国人二人はかなりショッキングな成績です。

気を取り直して打線について。しかしこちらも散発七安打一得点でした。
早川投手は本当に良い投手ですね。私は高校時代の打撃成績から入江投手を指名してほしかったので、希望が叶った!と思っていましたが、外れたようです。悔やまれます。しかしまだまだ入江投手もやってくれるでしょう。22歳と若いですから。
ちゃんとヒットは出ているので打線の状態は悪くないと思います。横浜に戻る今日が楽しみですね。

今日からソフトバンク戦です。エース・ピープルズ投手の先発、相手は武田投手。交流戦一つ勝ち越しの我らがベイスターズですが、この三連戦で真価が問われるでしょう。

では今日はこの辺で。
コメントお願いします!!
スポンサードリンク