ベイスターズ 3-1 タイガース
勝ち投手:阪口  
負け投手:及川  甲子園

本日2枚目の記事でございます。
2枚とも見ている方なんていらっしゃるのでしょうか?
はい、いません。アクセスログで把握済みです。
悲しい確認は止めましょう。
いつか誰かが評価してくれるはず...!
ゴッホだって評価されたのは死後ですし。
流石に死後はイヤですが、頑張ります。
勝ち試合なので振り返るのが楽しいから良いのですが、負け試合だと悲惨です。
よく頑張ってるね、よしよし。


あれですかね、改行とかの都合で読みづらいってのもあるのでしょうかね?
ブログって結構改行してスカスカな感じですもんね。
ということで、今日はそれを意識してみます。

Screenshot_20210626-192542


では本日のスタメンからみていきます。

気になるのはソト選手と牧選手の入れ替えですね。
ソト選手は打撃不振でありまして、今月はホームラン一本です。
牧選手は腰の状態も気になります。
ですからこれからもこの併用は続きそうです。
これは、柴田選手も含めたチョイスになります。
例えば今日の柴田選手はチャンスの打席を2つ含む4打数無安打でした。
というわけで、明日はセカンドに牧選手、ファーストにソト選手という起用になるのではないでしょうか。

柴田選手の復帰による選択肢の増加は、チームにはとても有益です。
大和選手が不調か休養というタイミングでは、柴田選手が代わりをこなせます。
ベンチにいる知野、山下選手の出番がさらに減りそうですが、層の厚さというのを感じます。

また、もう一つスタメンで気になるのは、山本選手です。
打席ではさっぱりだった昨日に引き続き起用されました。
守備での評価がよほど高いのでしょう。
打撃の開眼が尚更待たれますね。
楽しみな選手です。

というオーダーで始まった試合ですが、打線は今日も効率のよくない攻撃でした。
初回、二回と併殺で拙攻が続き、そうこうしているうちに相手に先制されてしまいました。

こうなると頑張ってほしい阪口投手ですが、その失点こそ併殺のあとの四球がらみで、誉められた内容ではないものの、それ以外は素晴らしいピッチングでした。
もう素晴らしいという言葉では足りないくらいです。

感じたのは球の力強さでした。
元々そういう投手ではありますが、今日はさらに迫力が増していました。
それに、コントロールもまとまっていました。
もちろん狙ったところに行くという精度ではありませんし、カウントも悪くしてしまうことが多かったです。
しかし、ボール先行してもきちんとカウントを整えることができ、しっかり相手との勝負になっていました。
濱口投手の抹消でどうなることかと思いましたが、エースが見つかりました。
次の登板も期待しています!!

6回1失点に抑え、球数も80だったのですが、ビハインドで打席が回ってきてしまい交代となりました。
その七回の攻撃ですが、大和選手のヒットから、代打関根選手がきっちり送って、桑原選手のホームランで鮮やかに逆転しました。
なんか、ヒットを打ってもあれだけチャンスを潰していたのに、あっさり逆転できて、やっぱり野球ってホームランだなあとつくづく思います。

八回には山本選手のタイムリーで追加点。
山本選手は、コースヒットが2つあったとはいえ猛打賞の活躍。
課題の打撃でもアピールに成功しました。
守備では阪口投手をリードして1失点に纏め、やはり素晴らしい能力を見せました。
伊藤選手が仮に明日復帰できるようでも、山本選手という選択肢も十分にありえます。

七回からは勝ちパターンの登板となりました。
エラーもあって山崎康投手こそピンチを招きましたが、併殺で乗り切り、点を許しませんでした。
エスコバー、三嶋投手は危なげなく抑えて、ゲームセット!!

昨日の勝ちも良かったのですが、今日の勝ちも格別です。
勝ちパターン三人組が二日続けての登板となっていますので、明日は点を取って勝ちたいですね。
予告先発は大貫投手です。
久しぶりの登板ですが、きっと復活した姿を見せてくれると期待しています。

では、今日はこんなところで失礼します。
モチベーションのためにもコメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は3分の1で、合計10/20です。
スポンサードリンク