皆さんこんにちは!
今日明日と侍ジャパンの強化試合があるので、それを記事にしようと思っていたのですが、なんとテレビ中継が見られない!ということが発覚。(我が家はJスポーツ4未契約)
記事の間隔があきすぎてはいけないと思いまして、総括記事をこのタイミングに持ってくることといたしました。
お楽しみください。

まずはグッズ博物館コーナーですね!
IMG_20210715_141926
これはですね、2015年のスターナイトユニですね。
例のごとく結果を覚えておらず調べてみたところ、おそらく第三戦を観戦に行ったと思います。
ルーキー石田投手の先発でして、相手の石川投手と2-1という投げ合いを演じました。
得点は全てソロホームランという、不思議な試合でしたね。
山﨑投手もルーキーで、抑えを務めておりまして、三上投手が好きだった私にとっては仇敵のように憎んでいたことを思い出します。
せっかく新人セーブ記録を塗り替えたのに、すぐに更新されてしまって、何とも言えない気分でした。
今ではそんなきもちはもちろん消えてますよ!

では前半戦の総括に入りましょうか。
前半戦の総括!
見出しの付け方がわからないポンコツでしたが、文字色と大きさと網掛けで代用することを会得!!
だれか本当のやり方教えてください(泣)

前半戦はマイナス13の最下位で終えてしまいましたから、その原因、課題を見るという風になってしまいますが、ちゃんとポジティブな要素も見ますよ!

・投手陣(先発)
一番に挙がるのはやはりこれでしょう。現時点での規定到達者はなんとゼロです。ローテを守った投手もいませんし、一試合一試合を見ても早期降板が目立ちます。濱口投手が唯一支えていたのですが、小さな不調と怪我とで抹消されてしまいました。それ以外の開幕ローテだった選手は、京山・入江・大貫・上茶谷投手は成績不振、平良投手は怪我です。中川投手や阪口投手が頑張ってくれてなんとかしのいだという感じですね。そもそも開幕ローテで実績のある投手が濱口・大貫投手のみ、上茶谷・平良投手は少し信頼できるかな?程度です。ロメロ投手の合流が不予に遅れたとはいえ、即戦力という見込みではありませんし、平良投手の怪我以外は開幕当初の不安通りでしょうか。戦力が足りない、といってはおしまいですが、育成含めそう言わざるを得ないかなと。
これでは中継ぎ陣との負の連鎖になってしまいます。早期降板≒先制を許す、ですから、打線にも負荷がかかります。
→ロメロ投手が日本に適応してきたこと、大貫・上茶谷投手が復調してきたこと、有吉投手を獲得したこと、そして何より今永投手が復帰したことで、かなり良くなっているかと思います。後半戦は濱口投手も戻って来そうですし、何とかなるかも? 石田投手を先発に回すのもありかと思いましたが、それはないようです。総合的には、後半戦には意外と希望が持てそう!と思っています。

・投手陣(中継ぎ)
これについては、パットン投手の放出と、エスコバー投手の合流遅れ、そして一番は先発陣の崩壊が原因と思っています。メンバーを見れば、石田投手の不調以外はほとんど開幕からの想定通りで戦えていますし、先発さえ整備できれば問題はないかなと思います。

・打線
これは、良くも悪くも想像通りです。序盤こそ苦しみましたが、外国人二人が合流してからはいつもの打線の破壊力でした。
打率はリーグ一位、ホームランや得点は三位ですが序盤の出遅れのせいと思えば、この点では問題ないでしょうか。
ですが課題も明確です。三浦監督が就任当初掲げていた「足も使う野球」は、全く実行できていません。ただこれを実行するにはメンバーの大幅な入れ替えが必要ですし、それは本末転倒です。桑原選手やその他代走で出る選手たちの時には、積極的に走っていく、程度の改善しかできなそうです。まあ、あまり重視しなくてもよい課題かなと思います。課題と言うよりは、メリットとデメリット、というところでしょうか。

後半戦の展望!!
ではそれを踏まえて後半戦の展望を。

投手陣の改善と現在の打線がある以上、かなり好調な戦いができるんじゃないかと。順位としては、四位は十分狙えます。ただAクラスとなると、いくら好調でもちょっと厳しい差が開いてしまっています。ですので、現実的には四位になれれば上出来と思います。最序盤を見てみればそれでも高望みな気がしますけどね。
シーズン当初の惨状からは、「五位にでもなれれば三浦監督は優秀すぎる!」と思っていたのですが、最高の監督というレベルの結論もおかしくありません。順位もそうですが、とても学習能力が高いと思います。佐野選手の三番起用であったり、伊藤選手の二番起用、走る野球の諦め、その他良い判断ができています。あまり私と考えが異なることがありません。まあ、私のような素人が評価することではないと思いますが。
選手起用という点で言えば、前半戦の終盤は大和・柴田・牧選手の併用や、山本選手の起用など、柔軟なところが見えています。ベンチを温めるばかりの選手が出てしまっているので(知野選手や高城選手など)、そこさえ何とかすれば素晴らしい選手の循環かなと!

ズバリ後半戦のキーマンは、投手は濱口投手、野手は桑原選手と思います!!
濱口投手の復活は、チームの上昇には不可欠です。とても責任感のある選手ですから、後半も頑張ってくれるでしょう!
打線をけん引する桑原選手の調子は、得点力とそのまま等しいです。ですから、このまま三割キープとは言わず、佐野選手と首位打者争いをして勝ってしまうくらいを目指していきましょう!!

ではこれで終わりとします。
満足いただけたらコメントをください…!
スポンサードリンク