ベイスターズ 4-3 ホークス
ペイペイドーム

みなさんこんばんは!
読者様が急に増えてすごくテンションが上がっています!!
記事を書くモチベーションがものすごいです。
これからのエキシビションマッチですが、録画まではしませんが見られたら記事にしていきます。
しばらくはそれと代表戦ですね!
お楽しみいただけたら幸いです!!

ではまずはグッズ博物館コーナーですね!
これを始めてから読者が増えたので、やはり写真を載せるというのは大事なのですな。
IMG_20210715_141942
IMG_20210715_141942
IMG_20210715_141942
はいこれは、2017年のスターナイトユニフォームです。
現地で観戦しまして、そのプレゼントのユニとは別に、倉本選手のものを購入しました。
試合は中日戦だったことは覚えているのですが、調べてみても思い出せず……。(ポンコツ)
ということで倉本選手についての話にしようと思います。
倉本選手はあまり目立たないし、残念ですがファンの多い選手ではありません。
ですが私、ドラフトの時から期待していて、走攻守そろった大型遊撃手、という像を投影しておりました。
盗塁はあまりないですし、守備もそううまくはありませんが、今では渋いというかなんというか、意外性というか、たまに見せてくれる勝負強さが好きです。
印象に残っているプレーと言えば、ルーキーイヤーか二年目の、ホエールズ復刻ユニの時のサヨナラですね。
そのグッズものちに紹介することと思います。

では本題に入りましょうか!

今日の試合はエキシビションマッチ、五輪中断期間中に行われるオープン戦みたいなものということで、勝ち負けにはあまりこだわらない感じです。
ですから、アメリカ代表のオースティン選手や、フォートナイトにはまっているらしいソト選手らのいないオーダーです。
その他のいつものメンバーは調整ですから、アピールしたい若手を見てみると、細川、楠本、伊藤ゆ選手がいます。
特に細川選手は四番起用!
伊藤ゆ選手は、今年一軍での出番はまだありませんから、大きなチャンスとしたいところです。

結果はその三選手とも一安打ずつ放ち、伊藤選手は打点付き、細川選手は特大のホームランと素晴らしいアピールになったかなと思います!
先ほど見たばかりの細川選手のホームランが頭を支配しているのですが、相手は怪我明けとはいえ甲斐野投手、それも157キロの速球をパワーで持っていきました。
そこまでの三打席は良いところなしでしたから、最後に最高の衝撃を与えてくれてすごく満足のいく試合だなあとなりました。
目立たなかった楠本選手も、センター前への技ありヒットで得点機を演出しました。
ほんとにイチロー選手のようなバッティングだ。すごいです。
私のすごく好みのタイプなんです。
それはともかく、三選手とも最高ではなくてもよいアピールでした!
ポジションがなくて残念ですが、後半戦に期待が持てそうです!!

スタメンではなかった若手選手では、益子、知野、森選手がいます。
みんなヒットはありませんでした。
益子選手は私初めて見た気がするのですが、期待されているのですね。
ファームでは.230、3本、14打点という成績ですが、持ち味はどんなところなんでしょう。
入団時は肩が強いという話でしたが、打撃では長打タイプには見えないし、まだまだこれからですかね!
知野選手は一軍帯同していながら久しぶりの出番。
今のままでは伊藤ゆ選手に追い抜かれてしまいそうですが、今日はあまりアピールにはなりませんでした。
森選手含め、残り8試合のエキシビションマッチですから、チャンスをつかみたいですね。
関根選手と戸柱選手もその立場でしょうか。

投手陣では、先発の坂本選手が悪目立ちしてしまいました。
典型的なスロースタータータイプのようで、立ち上がりさえ何とかなればいい投手なのですけどね。
まだ二年目ですから、今後の課題です。
チーム事情的に、投手陣には幸いチャンスがたくさんあります。
それ以降の進藤、池谷、伊勢投手は、四球をひとつづつ出すものの無安打無失点という出来です。
せっかく結果がいいので、印象を悪くする四球だけですね。
三人とも、後半戦では戦力になってくれそうです。

ではこんな感じでしょうか。
楽しんでいただけたらコメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は3/4で、合計24/70です。
スポンサードリンク