ベイスターズに前向きな!!

ベイスターズについてのブログです! 毎試合ごとの感想やデータ遊びなんかを「前向きに」、そして「冷静に」やっていきます! コメント大歓迎です!!

ベイスターズ以外

自作の野球小説「球場」を書いたので見てください!!

タイトル通りです笑。
↓のリンクです!
自作小説「球場」


多分これで見られるはず!!
2万字程度(じっくり読んでも1時間くらい?)なので、ぜひ読んでくれると嬉しいです!!

とか言いつつ保険を掛けます笑。
ブログやってるくらいだから文章書くの好きなんですけど、お察しの通り得意ではありません笑。
小説家じゃないのはもちろん、まともに文章の勉強すらしたことないんです。
この小説も冷やかし半分で見てください!
仲のいい人に見てもらう目的で書いたんですが、もったいないのでみんなに見てもらおうというだけなんです。

罵詈雑言でもお褒めでも何でもいいので、コメントいただけたら嬉しいなあ、なんて。

「代わったところに打球が飛ぶ」は本当か!?&ポジションごとの打球の来やすさ2!!

みなさんこんにちは!
オフの間の当ブログはですね、データ関連の記事やもちろん補強等のニュースについて更新していきたいと思います。

その一つとして今回は、「代わったところに打球が飛ぶ」は本当か、について書いていきます!!
守備から選手が交代し、そこに打球が飛ぶと、「代わったところに打球が飛ぶ」という風に言いますよね。
みなさんも何度も耳にしたことがあると思います。
ですが本当にそうなのでしょうか?
印象に残りやすいだけで、実際はそうではないのでは??
こういう疑問もまた、みなさん感じたことがあるのではないでしょうか。
ということで検証しました!!
日々の感想記事を見てくれている方は、その最後に毎回、「今日の守備交代打球率は~」という一文がついていたのにお気づきですよね。
毎日集計していたんですよ~!ほめてください!!

その1:「代わったところに打球が飛ぶ率」は??
では見ていきましょうか!
「代わったところに打球が飛ぶ率」というのは長いので、「守備交代打球率」と呼ぶことにします。
この守備交代打球率を集計するにあたって、その条件を確認しましょう!

こちらの記事にも書いたのですが、
1:ベイスターズの試合(私がいつも見ているからです、意味はないです)で両軍の守備交代の数をカウントします。
「両軍の」というところがミソで、ベイスターズに偏ることなくデータを集められると考えられます。
2:この守備交代の数には、投手と捕手は含まないこととします。
おそらくみなさんも、この2ポジションについて「代わったところに~」と聞いたことはないですよね。
3:守備交代のうち、交代したイニングで打球が飛んできた数をカウントします。
代わっていくつかイニングが経過してから、「代わったところに~」と言うこともないですもんね。
4:この打球の数はヒットかアウトかを問わず、またファウルフライ以外のファウルはカウントしません。打席の結果が出る打球に限ります。もちろん送球もカウントしません。
5:これを交流戦終了後の74試合のうち、3試合を休んだので都合71試合でカウントしました!!
交流戦後なのはたまたまそこからこのカウントを思い立っただけで意味はありません。また休んだのはワクチン後の体調不良です。

ではその結果は……105打球/315守備交代、33%でした!!
という数字でしたが、これだけでは意味がないですよね。
割合が高いか低いかがわかりません。
では次に比較対象となる、代わったところに限らないすべてのポジションの打球の飛びやすさを示したいと思います!!

その2:通常の打球の飛ぶ率は??
これについては明快ですよね。
守備交代に限定しない全てのポジションに、1イニング当たりどれだけ打球が飛ぶのかを調べればいいわけです。
この記事ですでに調査したのですが、ここで対象にした試合は中日戦と阪神戦を3試合ずつでした。
これでは球団での偏り、つまり攻撃側が左打者の多いチームの場合ファーストやライトの守備機会が増えてしまう、という可能性があります。
なのでここでは更に拡張して、広島戦、巨人戦、ヤクルト戦3試合ずつも加えたデータを集めました!!
なお対象にした試合は、中日戦(7/9-11)阪神戦(7/12-14)広島戦(10/12-14)巨人戦(10/1-3)ヤクルト戦(9/28-30)の三連戦です。
2021-10-30
めちゃくちゃ見づらいと思いますすみません、情弱です。拡大してみていただくか、見なくても文章だけで十分だと思います。ちなみに打球の項目に「不明」があるのは、スポーツナビで集計したからです。「叩きつけた打球で内野安打」みたいな表記だと各ポジションに振り分けられなかったんです。

この15試合での打席数は合計で1056で、このうちさっきの条件に照らし合わせ、投手捕手に飛んだ打球と三振その他守備の関わらない結果を除くと、706でした。
で、これをイニングで割ると2.68になり、更にポジションの数=7で割ると0.38となります!
つまり、あるポジションが1イニングに打球に触れる確率は38%、ということです!!

ということは、守備交代打球率が33%でそちらが低いので、
「代わったところに打球が飛ぶ」というのは間違いで、むしろちょっと飛びづらい!
という結論が出ますね!!
いや~、うすうすそんな気がしてましたが、「代わったところに~」は単なる印象だったんですね~。
と、いうだけの企画です、特に実用性はありません笑。
迷信を

おまけ:ポジションごとの打球の来やすさ!!
ここまでの検証の副産物なのですが、上の写真にあるように、ポジションごとの打球の来やすさも調べてみました。
調査方法はやっぱりアナログで、「すべての打球をポジションごとにカウントし、割合を出す」というだけのものです。
そして出た結果は……

1056打席のうち、
一塁  59打球≒6%
二塁 103打球≒10%
三塁  69打球≒7%
遊撃 108打球≒10%
左翼 107打球≒10%
中堅 121打球≒11%
右翼 112打球≒11%

となりました!
これも実用性があるわけじゃないので、ふーんそんな感じなんだ~、と思ってください。
やっぱりセンターラインが順当に多くて、と言うかむしろ一塁と三塁だけ異様に少ない、と言えるでしょうか。
あまり左右での偏りはないようです。


ではこれで終わりにします、ありがとうございました!
次は年俸についての記事にしようかと思っています!!


個人的ドラフト感想!!

みなさんこんにちは!
ドラフトから一夜明けましたね!!
本当は個別の記事にまとめないつもりだったんですが、自分的に予想外に盛り上がったので軽くまとめます。
最初に断っておきますと、私そこまでアマ球界に詳しくないので、分析ではなくてあくまで感想です。
なので大した内容にはならないと思います笑。

まずは1位の小園投手ですよね。
高卒投手とは思っていなかったのでびっくりです。
競合覚悟での指名というのも驚きです。
幸い二分の一だったのでクジで引くことができてよかったです!!
高卒1位の投手となると、今年ならヤクルト・奥川投手や阪神・及川投手(どっちも二年目だけど)が挙がりますが、やっぱりわくわくします!
ベイスターズの高卒投手となると、京山投手の芽が出てきたばかりですが、もっとすごい素材なんですよね、もちろん。
目標は200勝と語ってましたが、球団史上二人目となる達成、ぜひお願いします。
あと三人目となる沢村賞も笑。
背番号は10番台だと15と18しか空いていないので、15で決まりでしょうか。

私的に高卒投手で推していたのは達投手だったので、日本ハムが単独となり少し残念ですが、吉田輝星、柿木投手らとともに頑張ってほしいです!
日本ハムは小園投手かと思っていたのでそれも驚きではありました。

またこれまた私の推しだった市立和歌山・松川捕手はロッテのドラ1指名となりました。
2位以降で残っていたら二巡目一番の指名順を活かしてダブル獲得なんてロマンもありえたかもしれない、と思いましたが、それは贅沢ですよね~。

その2位指名は早稲田・徳山投手でした。
大卒投手なら1位予想もされていた左腕、筑波・佐藤投手が残っている中の指名となり、これまた驚きです。
いずれにせよ高卒ナンバーワン投手、大卒即戦力投手と獲得できて、4位三浦投手も含め補強ポイントにがっちりです。

6位で大卒外野手を指名したのは少し驚きでしたが、二軍が本職外野手で回せないくらい困っていましたね。
佐野、楠本、蛯名選手みたいな打力重視の下位外野手指名な感じなんでしょうか。

捕手を支配下指名でとらなかったのも驚きです。驚いてばっかりですが笑。
山本、東妻、益子選手への期待が大きいんですね!

ベイスターズ以外の私の推しでは、智弁・前川選手は阪神4位で、イメージ通りだなあと思いました。
3位以内かと思っていたんですが、外野手というのがあんまりだったでしょうか。

もう一人の推しだった明治・竹田投手は指名漏れ
残念ですが、もし社会人に進んでリベンジという進路を選ぶなら頑張ってほしいですし、それ以外の道でも応援しております。

あと西濃運輸・林投手に期待とかTwitterで書いてしまいましたが、こちらは来年でした。
社会人だから二年目で解禁だな、と早とちりしてました。
高卒社会人は三年目だそうです。
勘違いで失礼いたしました。
来年の指名を楽しみにしております!!

と、言う感じです!
もちろんベイスターズに入ってくれれば大応援しますし、他球団含めそれ以外の選手も、野球世界の一員として頑張ってほしいです!!

あんまりまとまりのない駄文でしたが、これで終わります!

ヤクルト・雄平選手が引退、19年間お疲れ様でした。

みなさんこんにちは。
ベイスターズ戦以外の感想を更新するのは久しぶりです。

スワローズの雄平選手が今シーズン限りで引退ということです。
ベイスターズの選手でもないし他にも引退発表をした選手は何人もいるのに、なぜ雄平選手かというと。

私が初めて野球を観たのは、ベイスターズではなくてスワローズ対ドラゴンズでした。
2012年か13年かな、九月くらいのデーゲームだったのを覚えています。
これは色々縁があって見に行ったもので、別に当時は野球なんて興味なかったんです。
ライトスタンドはまだ自由席で、しかもスカスカだったから選び放題、という頃でした。
せっかくだから最前列の方(値段の高い区画には入れないけど)で見ていました。

試合が始まると、神宮球場ですからスワローズの選手が先に守備につくわけですが、自分の目の前、つまりライトの守備位置についたのが、雄平選手……ではなくて、バレンティン選手でした笑。
こちらも退団ということで、去就が気になります。

雄平選手はセンターだったと思うのですが、私は結構右中間側、というか売店に行きやすいとかいう理由で割とバックスクリーンよりにいたんです。
だから雄平選手も近くにいて、ライト方向に打球が飛ぶと表情が見えるくらいだったんですよ。

で、その試合雄平選手が打ったかどうかは申し訳ないことに覚えていないんですが、応援歌の歌詞カードってあるじゃないですか、神宮は。
それを見ながら、あー今これか、とか夏祭りだー、とか思ってました。
雄平選手の打席になって応援歌が流れ、歌詞カードを背番号順に見ていって、二往復くらいしてやっと見つけます笑。
その歌詞を見てびっくり。
当時の歌詞は、「高き理想を目指して、熱き血潮を井して、君よ雄々しくはばたけ、地平の彼方~♪」でした。
おー、雄平って文字が入ってるのね~、と感心していると、そこで私はようやく気付いたのです。

あれ、この人名字がないぞ!

今にして思えば、イチロー選手だってそうなんだし、そこまで驚くことではないのですが、当時はびっくりだったんですよ笑。
検索してみると「高井雄平」と言うそうだ。
ん、高井?

応援歌、名字も入ってるじゃないか!!

うわ~芸が細かいな~、と感銘を受け、しかもこの選手、昔はピッチャーだったんだ~(そんなにすごいこととは思ってなかったけど)などと、とにかくそんなことがあって、好きな選手になったわけです笑。
色々あってベイスターズファンになりましたが、雄平選手は私を野球ファンにしてくれた恩人の一人なんです。

最初に覚えた応援歌はバレンティン選手でしたが笑。
だって「アーチを描け、GOバレンティン」のところ楽しいじゃないですか。
ちなみに二番目に覚えたのは相手ドラゴンズの狙い撃ちでした笑。
雄平選手の応援歌、なぜか覚えるの難しかったんです笑。

そんな思い入れのある選手が引退してしまい、またさみしくなります。
私が野球を観始めたころの選手もどんどんいなくなってしまい、時の流れを感じます。
雄平選手にはまた何かの形で野球界にかかわっていただけたらなあ、と思います。
19年間、おつかれさまでした。大好きです。

侍ジャパン対アメリカ(8/7)試合結果:森下投手の好投で祝・悲願の金メダル!!

侍ジャパン 2-0 アメリカ
勝ち投手:森下
負け投手:マルティネス 横浜スタジアム

二日遅れですが、金メダル!!
おめでとうございます!!
いやあ、本当に期待していましたので、素直にうれしいです。
決勝もいい試合でしたね!!
なんというか、気分がすごく楽しいです。

試合を軽く振り返ってみます。

先発は森下投手。
まだ若いのに、オリンピック決勝という大舞台での登板が巡ってくるなんて、持っている男ですね。
流石に緊張があって、特にカーブなど浮き気味でした。
それでも五回無失点に抑えるあたり、実力者としか言いようがありません。

相手はソフトバンクのマルティネス投手で、打線は打ちあぐねました。
しかし三回に村上選手のソロホームランで先制します。
逆方向へのアーチは、筒香選手みたいでした。
これがまだ四年目22歳というのですから、恐ろしいですね。

この後は膠着状態になりました。
侍ジャパンは六回から継投に入ります。
千賀選手がピンチを招きつつ無失点に抑え、続く伊藤選手、岩崎選手もぴったりとはまります。
伊藤選手はルーキーながら、韓国戦での好投もあってとても信頼されていますね。
こちらも末恐ろしい。

打線は八回、マクガフ投手から相手のミスで得点します。
マクガフ投手は準々決勝に続き日本戦二度目の失点となって、なじみのある選手だけに少し複雑な気持ちです……。

2-0で迎えた九回は、もちろん栗林選手。
初戦のドミニカ戦は不安だらけでしたが、見違えるように頼もしいです。
横浜ファンの私からしたら、クローザー山﨑康投手が見たかったですが、ここまでのピッチングを見ていれば文句などありません。
ランナー一人こそ出しましたが、危なげなく締めてゲームセット、金メダル!!

素晴らしい試合でした、としか言いようがありません。
四番の鈴木選手が不調だとか、そもそも選出がどうとか、色々不安はありましたが、このような結果になって一安心です。
最高の大会でしたね。

稲葉監督はこの大会をもって勇退されるようです。
おつかれさまでした。
プレミアの優勝と共に、夢を見させてもらいました。
ありがとうございました。
今後を見れば、2021年に行われる予定だったWBCが2023年に行われるらしいですが、後任監督含めどうなっていくでしょうか。
期待をもって見て行けそうです。

では記事はここまでにします。
ありがとうございました。
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
ベイスターズニュース
こちらTwitterのアカウントでは、試合前の予想や記事紹介をやっております!
お問い合わせ・ご意見

名前
メール
本文
記事検索