ベイスターズに前向きな!!

ベイスターズについてのブログです! 毎試合ごとの感想やデータ遊びなんかを「前向きに」、そして「冷静に」やっていきます! コメント大歓迎です!!

対イーグルス

ベイスターズ対楽天イーグルス(5/30)試合結果:今永投手の帰還!しかし初勝利はならず

ベイスターズ 1-5 イーグルス
勝ち投手:酒居  
負け投手:石田  楽天生命パーク

この記事から日付だけでなくサブタイトルもつけることにいたしました。もっと見てくれる人を増やしたいからです。正直ですね~私。

そんな私は今頃になって一昨日の試合を見終わりました。今日の試合の二時間前! ギリギリ間に合いました。今日は生で観れますので、楽しみです。今週は三試合生中継が見られます。最高。

私の忙しい近況なんていうのはおいておきまして、早速試合に入りましょう。

この試合の先発は今永投手。前回が散々だっただけに、期待していました。
結果は6回1失点。これだけなら良い数字ですが、7被安打に4四死球。正直よく一点で抑えたなという内容です。相手の拙攻に助けられたところが大きいです。
球速も前回と変わらず145キロがやっと。これは以前のような輝きを取り戻すのは難しいと思いました。
ですが、意識の高い今永投手なら、どんどんと改善していってくれるでしょう。期待して待っています!
しかし、ソックスをズボンの上に出すいわゆるオールドスタイルは、似合っていないような気がします。三上投手もですが、慣れの問題でしょうか。
というか、似合ってる選手が中日の谷元投手と広島の中崎投手くらいしか思い浮かびません。これはたぶん私のセンスの問題だ。

なんとか今永投手が繋いだ同点の状況で、七回に投入したのはなんと石田投手。びっくりです。いつの間にそんな信頼を勝ち取ったのかと。
登板過多気味のエスコバー投手を休める意図はわかります。そして砂田投手がベンチに入っていません。ですから石田投手という選択肢も浮かぶのはわかりますが、流石に平田選手か前に良いロングリリーフを見せた国吉投手でしょう。
流石に石田投手にこだわりすぎではないかと思います。シーズン序盤はまだ理解できます。中盤終盤の為に復調してもらいたいですからね。しかしいい加減我慢の限界です。石田投手が悪いというより、使った監督が悪いというレベルです。これでは石田投手もかわいそうです。あまり三浦監督に文句を言いたくはありませんが、ちょっと信じられません。前回のロングリリーフ成功でいけると思ってしまったのでしょうか。防御率くらい見てください。

次のシャッケルフォード投手は、ロメロ投手の代わりに上がってきただけですから、そこまで期待はしていませんでした。次のロメロ投手の登板まで敗戦処理役ですかね。しかし、そのロメロ投手の登板というのもいつになることやら。今年の外国人二人はかなりショッキングな成績です。

気を取り直して打線について。しかしこちらも散発七安打一得点でした。
早川投手は本当に良い投手ですね。私は高校時代の打撃成績から入江投手を指名してほしかったので、希望が叶った!と思っていましたが、外れたようです。悔やまれます。しかしまだまだ入江投手もやってくれるでしょう。22歳と若いですから。
ちゃんとヒットは出ているので打線の状態は悪くないと思います。横浜に戻る今日が楽しみですね。

今日からソフトバンク戦です。エース・ピープルズ投手の先発、相手は武田投手。交流戦一つ勝ち越しの我らがベイスターズですが、この三連戦で真価が問われるでしょう。

では今日はこの辺で。
コメントお願いします!!

ベイスターズ対楽天イーグルス(5/29)試合結果:濱口投手好投も、打線が田中将大投手に抑え込まれまた勝ち星つかず

ベイスターズ 1-1 イーグルス
勝ち投手:なし  
負け投手:なし  楽天生命パーク

本日5/31からすれば一昨日のゲームですが、ただいま録画観戦が終わりました😅昨日5/30のゲームを観る前に、こちらの感想をまとめたいと思います!! 最近は本当に生中継が見れません。酷な毎日です。

この試合の先発は濱口投手対田中将大投手。いつもの先発爆発打線大爆発コンボは通用しそうにありません。ですから、濱口投手が好投し、投手戦に持ち込んで、一点差ゲームで勝つというのが理想でしょう。もちろん打ち込めればいいですが、そんな想像のできる相手ではありません。

その濱口投手は、結果から言えば6.0回を無失点、素晴らしいものでした。やはりエースでしたね。
投球回が半端になっているのは、足が攣って降板したそうです。大事でなくて良かったです。
とにもかくにも、投手戦に持ち込むことができました。濱口投手としては、もちろん七回投げきりたかったでしょうが、最高の結果です。
七回に入る時点で102球を投げていました。それでマウンドに上がったのですから、本当に頼もしいです。エースという言葉では足りません。こういう素晴らしい精神的強さを持っている投手です。もしかしたらユニフォーム買っちゃいます。

打線もオースティン選手のソロホームランで一点をなんとかもぎとり、このまま勝てたら...というところでしたが、前述の濱口投手のアクシデント。緊急登板となった三上投手が打たれ、同点となりました。
三上投手は、濱口投手の球数的にもちろん準備はしていたでしょうから、緊急とはいってもそこまでではありません。ただ難しいマウンドには違いありませんでした。ある程度は仕方のないところでしょう。

八回エスコバー投手、九回山崎投手と繋いで、引き分けで試合を終えられました。今日は三嶋投手は休養だったのですね。それもあり、本来エスコバー投手の持ち場である七回は三上投手が投げたのでしょう。なかなか巡り合わせが悪かった。

いずれにせよ、投手陣は最高でした。素晴らしいです。誇れます。うれしい。

次に打線ですが、田中将大投手は難敵。一点しか取れないというのは想像通りでしたし、上出来でしょう。ただ、8回を95球というのはいくらなんでも手応えがなさすぎます。少しでも粘って早く降板させようというくらいの気概は欲しかったところ。

松井投手に代わった最終回は、無死満塁のチャンスを作りました。これがこの試合の一番悔やまれるところです。
無死満塁の大事な先頭は牧選手。ここは松井投手がさすがと言うところを見せて、三振でした。これは致し方ないと思います。ルーキーに文句は言えませんし、何か策のとれる場面ではないですから。
策といえば次の山下選手の場面。一死満塁となって左打者。三塁ランナーは代走の神里選手。次のバッターは大和選手。ここはスクイズしてほしいな~と思っていたところでした。
すると、神里選手の謎の暴走。これはいったい何だったのでしょう。常識的に考えれば、サインミスでしょうね。山下選手か神里選手かはわかりませんが、こんなミスが出てしまえば、勝てないのも当然です。
結局山下選手大和選手と打ち取られ、チャンスは潰えました。残念でしたので、ちゃんと反省するところです。

他に今日良かったことと言えば、守備ですね。1-1のゲームにできたのは、投手陣だけでなく守備もよかった。ファインプレー連発もそうですが、ミスらしいミスがありませんでした。こういう堅実さは接戦で大事になります。

では、今日はこの辺で。
是非コメントお願いします!!

ベイスターズ対楽天イーグルス(5/28)試合結果:打撃戦!先発爆発打線大爆発コンボで打ち勝つ!!

ベイスターズ 7-6 イーグルス
勝ち投手:国吉  
負け投手:涌井  楽天イーグルス

タイトルの試合、たった今見終わりました! 今日、明日の試合も生中継が見れません😰最近録画ばかりで臨場感がなく、残念です。が、冷静に分析するにはもってこいでしょうか、そう考えておきましょう。

今日も勝ちでした! もうとにかく嬉しいです。ポジティブに生きられる! どんな形でも勝てばいいんですよ!! 最高です

では中身を。今日も先発爆発打線大爆発コンボでの勝ちでしたね。もう我らがベイスターズの勝ちパターンとして定着してます。先発の爆発は打線のために必要な犠牲なんです...

その先発は坂本投手でした。4月に負傷がありまして、それ以来四試合目の先発です。二軍では好成績でしたし、何より頭数が増えて良いことです。もちろん、数少ない先発としての勝利を挙げていましたので、結果も期待してました。 

序盤三回は良かったですね! とても二年目とは思えない素晴らしいピッチング。打線の援護もあり、濱口投手、ピープルズ投手に続く三人目のまともな先発の誕生かと思いました。
ですが、打順が二巡目に入った四回がめったうちでした。やはりパ・リーグ二位につけているチームは違います。ちゃんと捉えてきますね。
そして何より足立選手のスクイズ。私はスクイズ大好き人間なんですが、ボール球に飛びついてのスクイズはなおさら大好物です。ひさしぶりに見られて、敵ながらすごいな~となりました。
元々楽天というチームはスクイズが多いイメージでして、打順も下位ですからもしかしたらと思った矢先、まさにそのスクイズでした。若い坂本投手はあっぷあっぷでしたしスクイズをケアする余裕は無かったです。伊藤選手の役割だったかと思います。それにしても、良いスクイズでした。

その後のピンチは国吉投手が抑え、2回を跨いでの勝ち投手。素晴らしいピッチングでした。相手の流れを切ったおかげで、打線の逆転を呼びました。納得の勝ち投手です。

エスコバー投手ですが、今日は制球が定まりませんし、ストレートも遅かったです。まあ調子の悪い日もあるでしょう。前日の記事でエスコバー投手のクローザー起用みたいなことを言ったのですが、私の期待はすべてフラグになってしまうようです。もちろんこれまでのファン歴で実感してますがね...

山崎投手は危なげなく抑えましたので、失点の嵩む三嶋投手に代わるのはこちらかもしれません。流石に実績がものを言いますね。
その三嶋投手はちょっと不安です。今日は普通に打たれてました。今後の内容如何によっては本当に配置転換もありえます。

次は打線です。相変わらずですが、問題ありませんね。

桑原選手と神里選手の競争に、代打で綺麗なヒットを打った楠本選手も加わりました。かなりセンターの守備は怪しいのですが、競争が激しくなるのは良いことです!

そうそう、DHがあるから山下選手を使ってほしいと言っていましたが、こちらはフラグにならずちゃんとヒットを打ちました。楠本選手とのDHでの併用でしょうかね。もちろん、楠本選手はライトでオースティン選手がDH、山下選手はファーストでソト選手がDHです。

ついでに細川選手も加わりましたので、期待しましょう。なかなかチームの歯車が噛み合ってきたかと思います。

ここ最近はこういう打撃戦が続いて、今までみたいな手も足も出ない試合ではなくなりました。安定して勝てる!というわけにはまだ行きませんが、見ていて楽しいです。
今日は濱口投手ですね。エースが抑えて、打線爆発で勝つ、という展開がみたいです! が、相手は田中将大投手。期待通りの結果は残せていませんが、手ごわい相手です。濱口投手は踏ん張って、投手戦に持ち込めるか。そうすれば、ちゃんと点は取れるはずの打線です。とにかく楽しみです!!

では、次の記事で。
コメントお願いします!!
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
ベイスターズニュース
こちらTwitterのアカウントでは、試合前の予想や記事紹介をやっております!
お問い合わせ・ご意見

名前
メール
本文
記事検索