ベイスターズに前向きな!!

ベイスターズについてのブログです! 毎試合ごとの感想やデータ遊びなんかを「前向きに」、そして「冷静に」やっていきます! コメント大歓迎です!!

対ホークス

ベイスターズ対ソフトバンク(7/28)エキシビションマッチ結果:牧選手ホームラン!中川投手は…明暗分かれる

ベイスターズ 4-5 ホークス
ペイペイドーム  

皆さんこんばんは!
本日二度目の更新となります。
こっちの記事では我らがベイスターズのエキシビションマッチについて書いていきます。

まずはグッズ博物館コーナーですね!
IMG_20210715_141959

これは2019年のスターナイトです。
うう―ん、おととしの話なのに、調べてもどの試合か思い出せないです……。
なんでこんなに覚えてないんだろう、ほんとに見に行ったのでしょうか?
この年は銀河系をテーマにしたということで、宇宙戦艦ヤマトの曲を使ったPVが流れていたのは覚えているんですよ。
内野の立見席でした。
確か前日流れたそのPVをユーチューブで見てしまい、ヤーマートーのところで大和選手が出てくるというネタばれを食らったんです。
だから二戦目でしょうか。
すみません、これから観戦に行くときはちゃんと覚えておくようにします……。

はてさて、試合の方に入りましょうか!

先ほどの侍ジャパンの試合とは逆で、サヨナラ負けになってしまいました。
しかも、サヨナラ押し出し。
何とも締まらない幕切れでした。

とはいえ練習試合なので勝ち負けは気にせず、選手個々人を見ましょう。
明暗分かれるというタイトルにしましたが、まずは暗の方から。
一番真っ暗な結果になってしまったのは、当然中川選手です。
残念ながらアピールどころか、制球難を改めて露呈してしまいました。
内野安打から始まったピンチですが、四球を三つ。不運とはとても言えません。
球速はきちんと出ているし、自慢の意志直球をど真ん中に!という気概で投げ込んでいってほしいですね。
それ以前の、櫻井投手と伊勢投手も、アピールにはなりませんでした。
そもそもチームで四球が計9個。これは多すぎます。
伊勢選手の被弾は仕方ないにしても、今日はフォアボールの印象の強いゲームになってしまいました。
打者の方でよくなかったのは、森選手です。
今日はめっきりで、タイミングの全く合わない四打数無安打でした。
もちろんまだ高卒二年目ですから、これからという選手です。
知野選手は二打数凡退で、いよいよ一軍の座が危ういかなというっ感じです。

明の方を見ますと、牧選手は四打数二安打一ホーマーと、目立った活躍でした。
豪快な一発は、後半戦も頼りにしてるぞ、という気持ちにさせてくれます。
ルーキーに頼るのはどうなんだ、という感じですけど。
それに負けず、伊藤ゆ選手も昨日に引き続いてアピール。
おっつけてライト前へのタイムリーは、広角に打てる柔軟性を見せてくれました。
楠本選手も二点タイムリーで、当たりはよくありませんでしたが印象に残ります。
当たりはよくないというか、うまいバッティングというのでしょうかね。
山本選手は守備で二つの盗塁刺、関根選手は二安打、細川選手は二つの四球に盗塁など、派手ではありませんが魅せてくれました。
あとは、ロメロ投手のピッチングも、最高!ではありませんが戦力としてめどが立ってきたという評価でしょう。
四球三つはいけませんが、球速は最速155キロだし、シンカーも右バッターは苦しみそうです。
彼らには後半戦期待がかかりますね。

という感じで終わりにします。
次の更新はいつになるでしょうか。
土曜日のメキシコ戦、見られないんですよね。

今日の守備交代打球率は1/4で、合計は25/74です。

ベイスターズ対ソフトバンク(7/27)エキシビションマッチ結果:細川選手ホームラン!アピールの場

ベイスターズ 4-3 ホークス
ペイペイドーム

みなさんこんばんは!
読者様が急に増えてすごくテンションが上がっています!!
記事を書くモチベーションがものすごいです。
これからのエキシビションマッチですが、録画まではしませんが見られたら記事にしていきます。
しばらくはそれと代表戦ですね!
お楽しみいただけたら幸いです!!

ではまずはグッズ博物館コーナーですね!
これを始めてから読者が増えたので、やはり写真を載せるというのは大事なのですな。
IMG_20210715_141942
IMG_20210715_141942
IMG_20210715_141942
はいこれは、2017年のスターナイトユニフォームです。
現地で観戦しまして、そのプレゼントのユニとは別に、倉本選手のものを購入しました。
試合は中日戦だったことは覚えているのですが、調べてみても思い出せず……。(ポンコツ)
ということで倉本選手についての話にしようと思います。
倉本選手はあまり目立たないし、残念ですがファンの多い選手ではありません。
ですが私、ドラフトの時から期待していて、走攻守そろった大型遊撃手、という像を投影しておりました。
盗塁はあまりないですし、守備もそううまくはありませんが、今では渋いというかなんというか、意外性というか、たまに見せてくれる勝負強さが好きです。
印象に残っているプレーと言えば、ルーキーイヤーか二年目の、ホエールズ復刻ユニの時のサヨナラですね。
そのグッズものちに紹介することと思います。

では本題に入りましょうか!

今日の試合はエキシビションマッチ、五輪中断期間中に行われるオープン戦みたいなものということで、勝ち負けにはあまりこだわらない感じです。
ですから、アメリカ代表のオースティン選手や、フォートナイトにはまっているらしいソト選手らのいないオーダーです。
その他のいつものメンバーは調整ですから、アピールしたい若手を見てみると、細川、楠本、伊藤ゆ選手がいます。
特に細川選手は四番起用!
伊藤ゆ選手は、今年一軍での出番はまだありませんから、大きなチャンスとしたいところです。

結果はその三選手とも一安打ずつ放ち、伊藤選手は打点付き、細川選手は特大のホームランと素晴らしいアピールになったかなと思います!
先ほど見たばかりの細川選手のホームランが頭を支配しているのですが、相手は怪我明けとはいえ甲斐野投手、それも157キロの速球をパワーで持っていきました。
そこまでの三打席は良いところなしでしたから、最後に最高の衝撃を与えてくれてすごく満足のいく試合だなあとなりました。
目立たなかった楠本選手も、センター前への技ありヒットで得点機を演出しました。
ほんとにイチロー選手のようなバッティングだ。すごいです。
私のすごく好みのタイプなんです。
それはともかく、三選手とも最高ではなくてもよいアピールでした!
ポジションがなくて残念ですが、後半戦に期待が持てそうです!!

スタメンではなかった若手選手では、益子、知野、森選手がいます。
みんなヒットはありませんでした。
益子選手は私初めて見た気がするのですが、期待されているのですね。
ファームでは.230、3本、14打点という成績ですが、持ち味はどんなところなんでしょう。
入団時は肩が強いという話でしたが、打撃では長打タイプには見えないし、まだまだこれからですかね!
知野選手は一軍帯同していながら久しぶりの出番。
今のままでは伊藤ゆ選手に追い抜かれてしまいそうですが、今日はあまりアピールにはなりませんでした。
森選手含め、残り8試合のエキシビションマッチですから、チャンスをつかみたいですね。
関根選手と戸柱選手もその立場でしょうか。

投手陣では、先発の坂本選手が悪目立ちしてしまいました。
典型的なスロースタータータイプのようで、立ち上がりさえ何とかなればいい投手なのですけどね。
まだ二年目ですから、今後の課題です。
チーム事情的に、投手陣には幸いチャンスがたくさんあります。
それ以降の進藤、池谷、伊勢投手は、四球をひとつづつ出すものの無安打無失点という出来です。
せっかく結果がいいので、印象を悪くする四球だけですね。
三人とも、後半戦では戦力になってくれそうです。

ではこんな感じでしょうか。
楽しんでいただけたらコメントお願いします!!

今日の守備交代打球率は3/4で、合計24/70です。

ベイスターズ対ソフトバンクホークス(6/3)試合結果:坂本投手大好投!桑原選手の盗塁!!王者に勝ち越し!!!

ベイスターズ 4-3 ホークス
勝ち投手:エスコバー  
負け投手:  横浜スタジアム

もう本当に、うれしい限りです!
日本シリーズの雪辱もありますし勝ちたかったのはもちろんですが、まさか9年振りの勝ち越しだとは思っていませんでした。
素晴らしいです。
また、交流戦に入って調子の良かったチームのいわば試金石というカードに位置付けていましたが、本物のようです。今後どんどん順位が上がっていくんだな、借金から貯金も夢じゃない!なんて妄想をしてしまいます(17勝31敗)。
いやはや、叶うなら生で見たかった! この手に汗握る一大決戦を、ライブの臨場感で見たかった!
しかし残念ながら録画観戦となりましたので、冷静に内容を検討しましょうか。

相手先発のレイ投手は来日初登板。これを打てるかどうかが鍵だと書きましたが、その立ち上がり。
桑原選手が初球を捉えて、口火を切る。伊藤選手倒れましたが盗塁でチャンス拡大。この盗塁は非常に良かった。だって捕手はあの甲斐選手ですよ。伊藤選手の盗塁アシストも効いたと思います。二番として本当に適任です。
佐野選手四球で、オースティン選手のホームラン。かなりあっさりと点が取れました。初回にいきなり三点リードです。

その援護を受けた坂本投手、6回を無失点という素晴らしい結果で応えます。中川投手に続き、なんという意外。そう言っては失礼ですが、ここまでやってくれるとは思いませんでした。
ランナーを出しながらも要所を締めるピッチング。チェンジアップが効きますね。コントロールは多少アバウトですし、まだ荒削りという感じですが、この結果を自信に次も期待しています。やはり若い投手陣には経験豊富な伊藤選手が似合います。

しかし、レイ投手が立ち直って、6回まで初回の三得点のみ。ここで追撃が出来なかったのが少し物足りないところです。特に4,5,6回はいずれも三者凡退。うーん。まあ初対戦ですし、三点で上出来というところでしょうか。

6回まで89球の坂本投手。七回は六番からの打順ですし、もう一イニング行くかなと思いましたが、エスコバー投手へスイッチ。
結果的にはこれが失敗でした。バレンティン選手のピッチャー強襲のヒットから始まって、松田選手にスリーランを浴びてしまいました。坂本投手の勝ちが消えます。怪我がなくて良かったかなと思うことにします。
勝たせてやりたい、というのもありましたし、何より中継ぎ陣には不安があるわけですから、もう一イニング行ってもいいと思います。前日の中川投手はスイッチが成功しているというのもあったのでしょうね。

中継ぎに交代して打たれるよりも、先発が自分で打たれた方が、納得がいく降板ができるのではないかと思っています。また、中継ぎ投手というのは投げてみるまで調子がわからないとよく言います。いくら信頼できる投手で失敗の確率の低いギャンブルでも、できるだけ回数は減らしたいです。その点でも、先発は可能な限り引っ張りたい。
濱口投手は引っ張りますから、中継ぎ偏重ということではなくて、選手の実績に対する信頼度で決めているのでしょうね。それ自体は理解できますし、また私には知り得ない事情もあるでしょうから、文句は言いません。

同点になったそのすぐ裏。相手は泉投手。ソフトバンクも勝ちパターン形成には苦しんでいます。
ソト選手のツーベースから、大和選手のタイムリーで勝ち越し! 相変わらず勝負強い!!
欲を言えば、一死二塁ですからもう一点欲しかったところ。まあそれは強欲ですね。

山崎投手、三嶋投手と繋いでゲームセット。2人とも良いピッチングでした。

チームが良い流れで進んでいるように感じます! こういう時には守備にも良いプレーが出ます。桑原選手、牧選手が目立ちますが、ファインプレーに限らず平凡な打球をしっかり処理するのもいい守備です。

良い流れだからこそ、八回の走塁死のようなミスはなくしていきたい。もちろん伊藤選手の単なるミスだというのはわかりますから、特段言うことはありません。

いやー良い試合でした。くー。生で見たい。今日も生で見れません。残念ですが、仕方ない。カード変わってロッテ戦の先発は京山投手。期待してます!

では今日はこの辺で。
コメントお願いします!!

ベイスターズ対ソフトバンクホークス(6/2)試合結果:中川投手会心の投球!初勝利を付けたかった…!

ベイスターズ 1-1 ホークス
勝ち投手:なし  
負け投手:なし  横浜スタジアム

さて、たった今試合が終わりました。昨日の記事が感情しかない吐瀉物でしたので、ちゃんと今日は分析したいと思います。

厳しいソフトバンク相手の試合ですが、前日のいい流れをそのままに渡り合いたい! という試合でした。
その先発は中川投手。今シーズン何度か登板はしていますが、プロ初勝利を目指すマウンドです。ここまでの登板では最長四回、まだ若いなあというピッチングで、今日もロングリリーフ前提の起用、谷間の谷間というものかと思っていました。

それがなんと、普通のピッチャーじゃ抑えられないガッチガチのソフトバンク打線も、一刀両断! クリーンナップも骨ごとスッパスパ! 鮮やかでしょ?
直球にはチタンコーティングを施してあるから速くて重く、おまけに投げた後のフォームもカッコいいパーフェクトな投球!

冗談はこれくらいにして、本当に素晴らしい内容でした。勝たせてあげたかった! 今時こんなに重そうなストレートを投げる投手は思い浮かびません。すごく質の高いストレートです。なんだか爽快でした。今日のピッチングを見てファンになりました。今度ハマスタに行ったらユニフォームを買います。

守備にも助けられ、6回1失点でした。失点のシーンも打ち込まれたというほどではなく、文句はないです。
課題としては、すいすい投げていると思ったら突然ボール先行になることでしょうか。それと、そのボール先行の時、例えば3ボール0ストライクでの、いわば安パイという置きに行く球が入らないことです。カウントを整えることなく、あっさり四球になってしまっています。これは今後の課題でしょう。しかし、コントロール偏重のあまりダイナミックなフォームと強い直球を失わないように、というのは大事です。

最近チーム全体の守備が機能しているように思います。今日も桑原選手はじめ大和選手や牧選手などとても安泰でした。守備の良いチームは強いチームです。打線は水物ですから、その調子の悪いときに頼りになるのは守備。大事にしていってほしいです。

打線ですが、今日は火がつかなかった。ひさしぶりに投手ではなく打線で勝てなかったと思います。チャンスが作れないというわけではありませんが、やはりあと一本が出ない。流石に東浜投手です。2017年の日本シリーズを思い出します。思い出したくないです。

話は逸れますが、我らがベイスターズが次に日本シリーズに行けるのはいつなのでしょう。あれが最後なんてことも容易に考えられるチームです。泣きそうになります。ソフトバンクと戦う度に思います。いや、見る度に思います。ソフトバンクを見て、内川選手を見て、毎年の日本シリーズを見て、山崎投手を見て、とにかく様々なきっかけで思い出す。悲しい気持ちになります。

まあそれは置いておきまして、佐野選手の適性打順とはどこなのでしょう。今日も二度チャンスで決めてくれませんでした。別に成績は悪くありませんから、使い方の問題だと思います。得点圏打数の少ないところに置きたいです。ちょっとあとで個人的に考えてみようかと思います。

まあ打線については特に心配はしていません。いつも打つわけでは有りませんからね。
総合的にも今日は良い試合でした。まるで日本シリーズかのようなハイレベルな戦いでした。中川投手には頭が上がりません。

明日の先発は坂本投手と初先発のレイ投手。レイ投手を打てるかが鍵になりますね。どんな投手なのでしょうか、楽しみです。

では、また今度の記事で。
コメントお願いします!!

ベイスターズ対ソフトバンクホークス(6/1)試合結果:最高の勝ち!!

もう最高です!!😁😁
分析とかしたくありません!!
こんな試合を見れて幸せです。負けても見続けてきて本当によかった!!😄😄
あー素晴らしい。なんなんだろうこのしあわせは!
牧最高もうすごすぎる。
明日も勝ちたい!!👍️👍️

内容なくてすみませんが、こんな気持ちなんですよ!!
あとで書こうとも思いましたが、この喜びを伝えたかったのです!
また明日!!
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
ベイスターズニュース
こちらTwitterのアカウントでは、試合前の予想や記事紹介をやっております!
お問い合わせ・ご意見

名前
メール
本文
記事検索